2010年7月19日月曜日

チャップリンの「幻の作品」


Kids Auto Races at Venice (1914)

"A Thief Catcher (1914)"発見のニュースですが、やはりチャップリンと言うだけで、読売オンラインNHKなど一般のニュースメディアも取り上げますね。これは、彼がマック・セネットのスタジオで映画の仕事を始めたころの作品のようです。この作品が「映画史を塗り替える」かどうかはさておき、Wikipediaでは彼の第4作として挙げていおり、それより前のデビュー作"Making a Living (1914)"と第2作"Kids Auto Races at Venice (1914)"はInternet Archiveで見ることができます。


Copyrighted materials, if any, on this web page are included for the purpose of research, review or critical analysis, and will be removed at the request of copyright owner(s).

0 コメント:

コメントを投稿

 
 
Copyright © KINOMACHINA
Blogger Theme by BloggerThemes Design by Diovo.com