2013年8月17日土曜日

ペリー・メイスン、サンフランシスコ、エロール・フリン

「ペリー・メイスン:奇妙な花嫁(1935)」のオープニング

久しぶりにこのサイトを再開しようと思います。

ペリー・メイスン:奇妙な花嫁(THE CASE OF THE CURIOUS BRIDE, 1935)」は、ワーナー・ブラザースが1934年から1937年にかけて製作した「ペリー・メイスン」シリーズの2作目です。ウォーレン・ウィリアムが、かの有名な弁護士を演じ、秘書デラをクレア・ドッド、スパッジーをアレン・ジェンキンズが演じています(1作目の「吠える犬」では、アレン・ジェンキンズは刑事だったのですが)。舞台はサンフランシスコ、ペリー・メイスンは中国に遠征にいく途中という設定です(そして、事件に巻き込まれ、結局行けません)。この映画のオープニングを見ていて、あれっと思ったのです。
 
 
Copyright © KINOMACHINA
Blogger Theme by BloggerThemes Design by Diovo.com